.

雨夢楼

作詞:ひとしずくP
作曲:ひとしずくP
編曲:ひとしずくP
唄:鏡音リン・初音ミク

儚い言葉ね
「迎えに行くよ・・・待っていて」
時を重ね 季節が巡っても、まだ
信じて 待ってる

はらり 雪が舞う夜空 
綻びた着物を着て
震える肩を寄せ合う 
貧しい孤独な幼子

明るく笑う瞳は 
俯(うつむ)き憂う瞳は
互いの傷を映して 
生きることを誓った

宵闇に誘うは 花魁草(おいらんそう)
甘い蜜に舞う 夜の蝶
綺麗な着物 なびかせて
乱れて (咲かせて)
誰より輝く華になって 魅せる

ねえ、儚い言葉ね
「ずっと、一緒にいようね」
季節が巡って、大人になっても まだ
信じていいの?

あの日から全て、始まった
夕暮れに染まる 約束
寂しい心、気付かれぬように
醒めない夢に 溺れてる

黄昏に染まる街で 
人知れずに恋をした
想いを告げることさえ 
叶わずに ただ見つめる

優しく笑う瞳の先に 
微笑むその華
密やかな恋心は 
音をたてて 崩れた

想い 想われが 常夜の調べ
色なき闇の幻想よ
“ 愛サレル” のが 
“ シアワセ” ならば
ワタシは・・・ (アナタは・・・)
誰よりずっと 幸せなはずなのに

ああ 儚い言葉ね
「迎えに行くよ・・・待っていて」
「アイシテイル」と 言われる度に
生きる価値、確かめて

「でも、それなら何故 今すぐに
攫っていってくれないの・・・?」
込み上げてきた 虚しい叫びは
言葉にできず 消えていった

夜明けとともに消えてく
(偽物の愛の骸)
全てが夢だったなら
(泣かないでいられたのに)
「いつまでも待ってるから」
(宵闇に誓った約束は)
儚い華とともに 消えた

遠い日の夕暮れ 約束 
覚えてる?
「二人で並んで歩こうね」
きっと、いつか

ああ 儚く消えてった
可憐な華と 初恋よ
季節が巡って 大人になっても
治らない傷跡 残して

夕暮れの夏の日 叶わない約束を今
私は独り たった独りで
宛てもなく 待ち続ける

夕暮れに誓ったまま
全てが夢だったなら・・・
 

雨夢樓
 
作詞:ひとしずく
作曲:ひとしずく
編曲:ひとしずく
歌:鏡音リン・初音ミク 

虛幻的那句話
「我會來接妳的...等我」
隨著時光流逝 季節輪轉  仍舊
堅信著 等待著

雪花飛舞的夜空
穿著單薄的衣物
顫抖的雙肩彼此依偎 
貧窮孤苦的幼兒
 
燦笑的雙眸
悲傷低垂的眼神 
映照著彼此的傷 
發誓要一同活下去

在深夜誘人的花魁草
舞動甜蜜的夜之蝶
隨意擺動著美麗的和服
交錯著 (盛開著)
比任何人都更璀璨的花朵 引人注目

夢幻般的言語
「一直,在一起吧」
即使季節交替 長大成人後 仍舊
能夠相信吧?

一切都是從那天開始
夕陽染紅下的約定
像是未察覺孤獨的心情
在不醒的夢裡 沉淪

覆上黃昏色彩的街道
正談著一場不為人知的戀情
就連訴說思念
也無從實現 只能望著

溫柔笑意的雙眼前
是微笑的花
私藏的戀心
傳出崩壞的聲音

想 與被想 終夜思考著
這純淨深沉的虛幻
是"被愛著"的嗎? 
但若是"幸福"的話
對我而言 (對你而言)
應該比誰都要來的幸福

啊 虛幻般的話語啊
「我會來接妳的...等我」
每當聽見「我愛妳」時
就能確定生存的價值

「可是,為什麼不馬上
將我帶走呢...?」
湧出的情感 虛弱的心聲
還未化成言語 便消失了

與黎明一同幻滅
(虛偽之愛的殘骸)
若全都是夢
(那麼就不會落淚)
「不論多久都會等你」
在暗夜中許下的承諾
也隨著虛幻般的花 消失殆盡

在遙遠過往夕陽下的約定
你還記得嗎?
「我們要一直並肩而行」
絕對、總有一天...

啊 如夢似幻的消失
可憐的花朵 與初萌生的愛情
即使季節交替 長大成人後 仍舊
留下 無法治癒的傷痕

夏日的夕陽 無法實現的約定 而今
我獨自一人 孤單一人地
永無止盡的 持續等待

在夕陽下的誓言
若全都是夢的話...

 一波三折的歌詞 終於寫完了........................
被主動被動和自己貧乏的腦漿奮戰
怎麼寫歌詞都不優美阿~~~~
還有好幾句話翻得很抖!錯了請跟我講

    趴趴晴 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()